読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカーが好きなだけ

ただの一般大学生がサッカーを語るだけです。

!--フォローボタン-->

ざっくりしたフォーメーション

ども。尻子玉です。

久々の更新となってしいました。

 

今回は

ざっくりしたフォーメーション

について書こうと思います。

 

サッカーのフォーメーションは

 

監督によって大きく異なるのは、皆さんご存知だと思います。

 

 

日本代表は

4-2-3-1

 

f:id:shirikodama1:20161125173251p:plain

 

4-3-3

 

f:id:shirikodama1:20161125173503p:plain

 

などを使用しています。

 

 

 

 

最近では

4-3-3

のフォーメーションを使うチームが増えているように感じます

 

 

例えば

バルセロナレアルマドリードパリ・サンジェルマン

 

バルセロナMSNは有名ですね

メッシ、スアレスネイマール

南米コンビですね。

 

 

レアルマドリードBBCも知っている人いると思います

ベイル、ベンゼマクリロナ

MSNよりも BBCの方が先なんですよねー

 

 

 

 

 

他にもフォーメーションとしては

4-4-2や4-4-1,3-5-2などまだまだあります。

 

一つのフォーメーションを取ってみても

微妙に選手の配置が違ってきます。

 

この辺はおいおいやっていきたいと思います。

 

 

ということで、

次回は

4-3-3

について詳しくやっていこうと思います

 

 

 

 

ではでは

今回はここまで

 

 

 

 

お付き合いいただきありがとうございました

 

 

 

 

よければこちらもお願いします

www.youtube.com

サイドバック

ども。尻子玉です。

 

前回のセンターバックに続いて

ログイン - はてな

今回はサイドバックについて語ろうと思います。

 

 

サイドバック

ディフェンダーが4人か5人の時の両端のポジションになります。

 

このポジション今のサッカー界において非常に重要なポジションになってきています。

 

なぜかというと

サイドバックオーバーラップ(攻撃参加)が求められるようになってきたからです。

 

 

これがすごいきつい、、、

f:id:shirikodama1:20161119220916p:plain

この赤丸から赤丸まで

90分間走らないといけません。

サイドバックはよっぽどのことがない限り交代はあり得ません。

ほんっっっっっとに過酷なポジションなのです。

 

 

日本代表は特にこのサイドバックのオーバーラップが目立つチームです。

 

 

前回の試合も長友のクロスからゴールシーンが生まれましたね。

 

 

と、ここまで攻撃面のお話でしたが

あくまで、本職はディフェンダーですので

ディフェンスもしないといけません。

上がったと思ったらすぐに下がってディフェンスをしないといけない。

 

本当に過酷なのです。

 

 

 

サッカーは

サイド攻撃が強いチームは強い

と言われています。

これは裏を返せば

サイド守備が強いチームは強い

となると思います。

 

 

もう、

サイドバックが勝敗を握っている

と言っても過言ではないと思います。

それくらい、重要なポジションなのです。

 

 

 

ですので、このサイドバックというポジションは

これからサッカーを見る方に

ぜひ!!!!!!

注目していただきたいポジションです!!!!!!

 

 

 

ではでは

今回はここまで

 

 

 

 

お付き合いいただきありがとうございます!!!!!!!!!

 

センターバック

 ども。尻子玉です。

 

 

今回は前回少し説明した

ディフェンダーについて、今度はもう少し

http://blog.hatena.ne.jp/shirikodama1/football-fun.hatenablog.com/edit?entry=10328749687193109145

 堀さげてみようと思います。

 

 

その中でもセンターバックについて

やっていきたいと思います!!!!!

 

 

 

センターバックはディフェンスの中央に位置します。

ということは、とても重要なポジションの一つです。

 

 

そして、センターバックにも役割が分かれていることがあります。

その例となるチームが

アーセナルバルセロナ等になります。

アーセナルは、

主に空中戦にメルテザッカー

カバーリングインターセプトがコシェルニー。

バルセロナ

空中戦にピケ。

カバーリングインターセプトマスチェラーノ

と言ったら感じです。

 

 

またストッパーとスイーパーという役割に分かれたりもします。

ストッパーはマークにつく人。

スイーパーがカバーリングにつく人です。

 

 

そして、もう一つリベロという役割があります。

これは、スイーパーを攻撃的にしたポジションになります。

このリベロというスタイルを確立したのが

あの皇帝と言われたベッケンバウアーなのです。

皇帝とか言われてみたいですねー

このリベロというスタイルは最近では長谷部誠選手がクラブチームでやる機会があり

高い評価を得てます。

 

 

 

 

話を戻して

ストッパーとスイーパーについてもう少し

 

 

ストッパーは中学時代にしていたのですが

まあマークについて離すなと。自由にさせるなと。

言われてきました。

もうストーカーなんじゃないかと思うくらいで、、、

ストーカーになったらこのせいですね

この役割は相手に嫌われてなんぼの役割だと思います。

 

 

そして

スイーパーはストッパーの後ろに位置し

流れてきたボールを拾うことが主な役割で

他にも、選手に指示を出したりします。

自分が楽したければ選手を動かせ

なんて中学の頃先生が言ってました。

でもその通りで

一番後ろに(GKを除いて)位置するわけですか、周りが見渡せますよね。

それに楽できるならそれに越したことはないですから。

 

 

 

とこんな感じなんですが

ストッパー、

スイーパーを置かない場合もあります。

 

 

 

 

 

結局はバランスが大事なんですね。

高さや速さも必要で

 両サイドバックカバーリングにもいかないといけない。

ですのである程度の速さも必要です

また、最近ではセンターバックからのビルドアップ(攻撃の組み立て)も必要とされ

高いパス能力、特にロングボールの高さが必要とされているのではないかと思います。

それだけでなく

常に頭をクリアにしてないといけない。

ということも重要なことですね。

 

 

 

そして、ディフェンスラインのコントロールも任されるポジションでもあります

上げるのか、下げるのか

この判断は非常に重要で、下手してら失点にも繋がってしまいます。

 

 

 

 

 

 

試合を見る上で

センターバックの注目ポイントとして

選手の個の上手さだけでなく。

ラインの上げ下げや選手への指示

に注目してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センターバックは本当に需要なポジションで

中央が脆いと簡単にやられてしまいます。

前の記事でも言いましたが

バックはピッチャーみたいなもので

ピッチャーの中でも開幕投手を任されるようなもんです。

もっとわかりやすく言うなら

アイドルのセンターだと思います。

センターがそのチームの顔になるわけですから

可愛い子が多いですよね。

 

 

 

センターバックもそのチームの顔だと思います。

強いチームを見ると世界的な面子が多いですし、、、

 

 

 

 

 

センターバックはディフェンスの王様と言ってもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

少しはセンターバックの役割、重要性を理解いただけましたか?

ぜひ、サッカーを見るときは注目してみてください!!!

 

 

 

 

 

ではでは

本日もお付き合いいただきありがとうございました!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

僕なりの解説。

ども。尻子玉です。

 

 

まずは

本当勝っても一安心です!!!!

よかったよかった!!!!!!

 

 

前半はどうなることかと思いましたが

自分たちがやることをやった。

という試合だったと思います。

 

 

 

ということで

今回は僕なりの解説をしたいと思います。

 

 

 

 

前半

前半の序盤は両チームとも落ち着きがなく荒れる場面が多々あった。

そんな中で日本はセカンドボールは拾えるものの、なかなか繋ぐことができない

そんな時間が続いていました。

ディフェンス面で言えば、あまり危ない場面というのはなかったなと。

危ない場面はあまりなかったとはいえ、やってはいけないプレーはありました

赤丸=ボール保持者 緑=オフェンス 黒丸=ディフェンダー

f:id:shirikodama1:20161115213102p:plain 

この場面。

前半だけでなく後半も場所は違えどありました。

二人ディフェンスに行っているのに

一列に並ぶのは基本やってはいけないプレーで

なぜかというと

いうまでもないのですが1人に対して2人行くということはどこかにフリーな選手が生まれてしまっているということです。

サイドに追いやり2人行くなら取り切りかボールを出すか、下げさせるか、、、

をしないといけません。

これがうまいチームがアトレティコ・マドリードです。

 

 

 

そしてあのPKの場面。

見る限り、ハンドは厳し判定だったかなと。。。

 

 

 

 

後半

後半は、、、まあ前半の内容を少し修正してきたな

という感じで。

もちろんピンチな場面というのは増えてるのは仕方のないことで

そんな中で2点目を決めれたのは大きかったかなと思います。

失点シーンは残念なところではありますが、、、

少しサイドに振られるとディフェンスが脆くなることがあり

サイドで簡単にやられる場面も

前後半通してあったかなという印象です。

ただセットプレーでの危ない場面がなかったのは良かったところです!!!

とはいえ、5試合終えて完封勝利がわずかの1試合というのは

早急の改善が必要だと思います。

 

 この試合だけではないのですが

サイドバックの上がりは本当に素晴らしいですね!!!

これに磨きがかかれば

日本はさらに強くなるな

と思います。

 

 

 

 

でも、本当に勝ててよかった。

新戦力の台頭

は大きな収穫でした!

まだ安心はできませんが

次もみんなで応援して

勝ち点3をもぎ取りましょう!!!

 

 

 

 

 

 

 

ではでは

本日はここまでにしたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

お付き合いいただきありがとうございました!

いよいよ。明日。

ども。尻子玉です。

前回の日本代表戦後に試合について書こうと思ったのですが

あまりにも書くことがなさそうでしたので、、、スルーしてしまいました。

収穫もあり、改善点も見つかった。

そんな試合でした。

 

 

そんな実りある試合だったのか

それを証明する試合が明日行われます。

 

前回のオマーン戦は明日のサウジアラビアを想定しての試合でした。

サウジアラビアFIFAランクは54位でアジア内では6位となっています。

 

 

そんなサウジアラビア戦ですが

前にも言ったかもしれませんが

非常に重要な位置付けとなりそうです。

 

サウジアラビアは今グループ内で1位で

日本は3位となっています。

その勝ち点差は3

勝てば勝ち点3を手に入れれるので並ぶことになると思いますが

得失点差サウジアラビアの方が3多いので

並ぶまたは抜くためには3得点以上入れ勝つ必要があり

もし、勝っても2位のオーストラリアの結果次第では

3位のままの可能性があります。

 

 

もし負けて、2位が勝つと

2位との差が勝ち点4になり(1試合勝って1試合引き分け分)

1位との差が勝ち点6になります(丸々2試合分)

本当に厳しい状況になります。。。

 

 

 

 

 

しかし!!!!!

そんなくらいニュースだけではありません

前回の収穫で一番得れたのが

新戦力の台頭

だと思います。

2得点を挙げた大迫

途中出場ながら1得点を挙げた小林

 

しかし僕の印象に残っているのが

齋藤です。

彼の裏への飛び出しからのチャンスというのが

結構目立っていました。

 

多分明日の試合は相手のDFラインは高いので

DFラインとGKの間にスペースができるのではないかと思います。

そのスペースに彼の飛び出しはかなり有効だと思います。

 

が、

大きな改善点の1つが

まさに裏への飛び出しだとも感じました。

 

 

前線が皆、裏へ裏へとなっていたので

中盤の選手がボールを持つとパスの出しどころが無くなってしまっているように見えました。

 

そのため攻撃のリズムが悪かったのです。

 

皆が裏へ裏へではなく第三者、第四者の飛び出しが重要なのです!!!!

 

 

 

日本の得意なショートパスから次どう組み立てるのか

いつものこの課題をクリアする必要があると思います。

 

 

 

 

 

 

 

そこを改善できているか

勝つこと以外にも

そこも注目ポイントです!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは

今日はこの辺で

 

 

 

 

 

 

お付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

スタメン!!!

スタメンが発表されました。

 

 

 

f:id:shirikodama1:20161111183600j:plain

 

このようなフォーメーションとなっています。

 

4-3-3にも4-2-3-1にもできそうです。

 

 

 

みんなで応援しましょう!!!!!!!!!!

明日の代表戦の展望

ども。尻子玉です。

 

今回は明日行われる代表戦

日本VSオマーン

の試合展開を話そうかと思います

 

 

明日行われる試合は、W杯最終予選前の親善試合という位置になります

 

気になるところとしては

どっちが格上なのということだと思います。

 

FIFAランクでは

日本 51位

オマーン 129位

となっています。

 

アジアで見ると

日本 5位

オマーン 19位

となります。

 

もうお判りかと思いますが

格下になります。

 

対戦成績でも

10戦7勝0敗3分

日本が圧倒しています。

 

そんな相手だけに

内容でも結果でも圧勝しなければなりません。

 

 

僕が思うに、明日の試合は

日本代表がこれからロシアにいくためにどうすべきなのか

が、試される試合だと思います。

 

 

明日の試合の次に行われるサウジアラビア戦が本番となるわけで

その試合には何が何でも勝たないといけない試合、、、

勝ってもこれからある最終予選は落とすことが本当にできない。

ですので、明日行われる試合が重要となります。

 

 

 

さて、試合展開として僕が望むのは

無失点かつ攻撃的サッカーです。

特に無失点は非常に重要な部分だと思います。

最近行われた過去5試合で失点が8失点となっています。

やや多いように感じますね。。。

特にセットプレーからの失点が多いような印象があります。

 

得点部分で言えば

過去5試合で7得点です。

毎試合一点は決めていますので

これは僕的には合格点だと思います。

 

なぜ合格点かというと

一点でも取り無失点で試合を終えると勝てるわけです。

 

それに現時点では毎試合点は取れているので

やはり、失点部分がポイントとなりそうです。

 

 

攻撃的サッカーに関して言えば

毎試合点取ってるならいいじゃん!

と思うかもしれませんが

僕が言うのは

チキンじゃない勇気ある攻撃

と、いうことです

 

日本代表の試合を見ていると

なぜシュートを打たない。

なぜそこまで下げる。

ということが多々あり、それにイラつくファン、サポーターも多い思います。

 

特に最低だったのが

コーナーで

ショートコーナーでクロス上げるのかなぁと思ったら

そのまま、DFラインまで下げたというプレー、、、

大げさかもしれませんが

前代未聞でした。

シュートを打たない

というのは代表以外にもよくあることですが、あれは初めて見た。

と言っても過言ではないと思います。

 

 

 

それともう一つ

フォーメーションもいつもの

4-2-3-1ではなく。

最近見なくなった

4-3-3

とか

あえての

4-4-2

とか。

 

挑戦して欲しいです。

フォーメーションはいくつあってもいいものだと思います。

 

 

 

 

 

ではでは

今回はこの辺で、、、

今回もお付き合いいただきありがとうございました!!!!

 

 

 

 

 

明日はみんなで応援しましょう!!!!