読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカーが好きなだけ

ただの一般大学生がサッカーを語るだけです。

!--フォローボタン-->

いよいよ。明日。

ども。尻子玉です。

前回の日本代表戦後に試合について書こうと思ったのですが

あまりにも書くことがなさそうでしたので、、、スルーしてしまいました。

収穫もあり、改善点も見つかった。

そんな試合でした。

 

 

そんな実りある試合だったのか

それを証明する試合が明日行われます。

 

前回のオマーン戦は明日のサウジアラビアを想定しての試合でした。

サウジアラビアFIFAランクは54位でアジア内では6位となっています。

 

 

そんなサウジアラビア戦ですが

前にも言ったかもしれませんが

非常に重要な位置付けとなりそうです。

 

サウジアラビアは今グループ内で1位で

日本は3位となっています。

その勝ち点差は3

勝てば勝ち点3を手に入れれるので並ぶことになると思いますが

得失点差サウジアラビアの方が3多いので

並ぶまたは抜くためには3得点以上入れ勝つ必要があり

もし、勝っても2位のオーストラリアの結果次第では

3位のままの可能性があります。

 

 

もし負けて、2位が勝つと

2位との差が勝ち点4になり(1試合勝って1試合引き分け分)

1位との差が勝ち点6になります(丸々2試合分)

本当に厳しい状況になります。。。

 

 

 

 

 

しかし!!!!!

そんなくらいニュースだけではありません

前回の収穫で一番得れたのが

新戦力の台頭

だと思います。

2得点を挙げた大迫

途中出場ながら1得点を挙げた小林

 

しかし僕の印象に残っているのが

齋藤です。

彼の裏への飛び出しからのチャンスというのが

結構目立っていました。

 

多分明日の試合は相手のDFラインは高いので

DFラインとGKの間にスペースができるのではないかと思います。

そのスペースに彼の飛び出しはかなり有効だと思います。

 

が、

大きな改善点の1つが

まさに裏への飛び出しだとも感じました。

 

 

前線が皆、裏へ裏へとなっていたので

中盤の選手がボールを持つとパスの出しどころが無くなってしまっているように見えました。

 

そのため攻撃のリズムが悪かったのです。

 

皆が裏へ裏へではなく第三者、第四者の飛び出しが重要なのです!!!!

 

 

 

日本の得意なショートパスから次どう組み立てるのか

いつものこの課題をクリアする必要があると思います。

 

 

 

 

 

 

 

そこを改善できているか

勝つこと以外にも

そこも注目ポイントです!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは

今日はこの辺で

 

 

 

 

 

 

お付き合いいただきありがとうございました。