サッカーが好きなだけ

ただの一般大学生がサッカーを語るだけです。

!--フォローボタン-->

センターバック

 ども。尻子玉です。

 

 

今回は前回少し説明した

ディフェンダーについて、今度はもう少し

http://blog.hatena.ne.jp/shirikodama1/football-fun.hatenablog.com/edit?entry=10328749687193109145

 堀さげてみようと思います。

 

 

その中でもセンターバックについて

やっていきたいと思います!!!!!

 

 

 

センターバックはディフェンスの中央に位置します。

ということは、とても重要なポジションの一つです。

 

 

そして、センターバックにも役割が分かれていることがあります。

その例となるチームが

アーセナルバルセロナ等になります。

アーセナルは、

主に空中戦にメルテザッカー

カバーリングインターセプトがコシェルニー。

バルセロナ

空中戦にピケ。

カバーリングインターセプトマスチェラーノ

と言ったら感じです。

 

 

またストッパーとスイーパーという役割に分かれたりもします。

ストッパーはマークにつく人。

スイーパーがカバーリングにつく人です。

 

 

そして、もう一つリベロという役割があります。

これは、スイーパーを攻撃的にしたポジションになります。

このリベロというスタイルを確立したのが

あの皇帝と言われたベッケンバウアーなのです。

皇帝とか言われてみたいですねー

このリベロというスタイルは最近では長谷部誠選手がクラブチームでやる機会があり

高い評価を得てます。

 

 

 

 

話を戻して

ストッパーとスイーパーについてもう少し

 

 

ストッパーは中学時代にしていたのですが

まあマークについて離すなと。自由にさせるなと。

言われてきました。

もうストーカーなんじゃないかと思うくらいで、、、

ストーカーになったらこのせいですね

この役割は相手に嫌われてなんぼの役割だと思います。

 

 

そして

スイーパーはストッパーの後ろに位置し

流れてきたボールを拾うことが主な役割で

他にも、選手に指示を出したりします。

自分が楽したければ選手を動かせ

なんて中学の頃先生が言ってました。

でもその通りで

一番後ろに(GKを除いて)位置するわけですか、周りが見渡せますよね。

それに楽できるならそれに越したことはないですから。

 

 

 

とこんな感じなんですが

ストッパー、

スイーパーを置かない場合もあります。

 

 

 

 

 

結局はバランスが大事なんですね。

高さや速さも必要で

 両サイドバックカバーリングにもいかないといけない。

ですのである程度の速さも必要です

また、最近ではセンターバックからのビルドアップ(攻撃の組み立て)も必要とされ

高いパス能力、特にロングボールの高さが必要とされているのではないかと思います。

それだけでなく

常に頭をクリアにしてないといけない。

ということも重要なことですね。

 

 

 

そして、ディフェンスラインのコントロールも任されるポジションでもあります

上げるのか、下げるのか

この判断は非常に重要で、下手してら失点にも繋がってしまいます。

 

 

 

 

 

 

試合を見る上で

センターバックの注目ポイントとして

選手の個の上手さだけでなく。

ラインの上げ下げや選手への指示

に注目してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センターバックは本当に需要なポジションで

中央が脆いと簡単にやられてしまいます。

前の記事でも言いましたが

バックはピッチャーみたいなもので

ピッチャーの中でも開幕投手を任されるようなもんです。

もっとわかりやすく言うなら

アイドルのセンターだと思います。

センターがそのチームの顔になるわけですから

可愛い子が多いですよね。

 

 

 

センターバックもそのチームの顔だと思います。

強いチームを見ると世界的な面子が多いですし、、、

 

 

 

 

 

センターバックはディフェンスの王様と言ってもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

少しはセンターバックの役割、重要性を理解いただけましたか?

ぜひ、サッカーを見るときは注目してみてください!!!

 

 

 

 

 

ではでは

本日もお付き合いいただきありがとうございました!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする