サッカーが好きなだけ

ただの一般大学生がサッカーを語るだけです。

!--フォローボタン-->

驚愕の放映権料!!!のあれやこれ

ども。尻子玉です。

今回は

前回の続きではなく、放映権料について書こうと思います。

 

というのも

ゼミのプレゼンで放映権料についてプレゼンしたのですが

思いのほか面白く、まだまだ書きたいので

このブログを通して、自分自身もまとめて行けれたらなと思いました。

 

 

さてさて

まず放映権料とは何か

と言いますと

あるスポーツを独占的に放送できる権利につけられた値段のこと。

 

メジャーなスポーツコンテンツほど放映権料は高騰して

特に全世界で放送されるFIFAワールドカップ、オリンピックなどが

高騰するコンテンツの一つになります。

 

ざっくりいうと人気があって、注目度が高ければ高騰するようです。

 

 

 

 

 

では

早速、Jリーグの放映権料を見ていきましょう!!!

 

2002年〜2006年

NHK,TBS,J SKY SPORTSと5年契約を締結。

カップ戦も含めて

年間49億円

 

 

2007年〜2011年

2006年8月、スカパー,NHK,TBSの3社と2007年から5年契約を締結。

 3社合計50億円

 

 

2012~2016年

スカパーと5年契約。

TBSチャンネル,J SPORTSを加えた放送体制

放映権料わからなかった。。。

 

 

2017年〜

そして、今シーズンから

DAZN

による動画配信が決定。

テレビではなく、インターネット上での動画配信になる。

10年契約、2100億円

という大型契約を結んだ。

もちろん、見るためには有料会員にならないといけない。

 

しかし

無料放送の契約も別途契約される見込みだ。

 

 

 

 

ここまでJリーグを見てきたが

世界はどうなのか

 

 

 

 

プレミアリーグイングランド

2016-17シーズン

3年契約 51億3600万ポンド(約7222億円)

 

 

 

 

リーガエスパニョーラ(スペイン)

2016-17シーズン

3年契約  26億5000万ユーロ(約3310億円)

 

 

 

 

ブンデスリーガ(ドイツ)2部も含む

2017-18シーズン〜

4年契約 46億4000万ユーロ(約5445億円)

 

 

 

 

セリエA(イタリア)

2015-16シーズン〜

3年契約 28億3500万ユーロ(約3327億円)

 

 

 

 

と、主要リーグを見てきましたが

 

Jリーグ大したことないな、、、

 

と感じてしまいました。

ネット配信だからでしょうか

 

 

 

というか

プレミアリーグすごいですね。

規模が違いますね。

 

 

最初にも書きましたが

放映権料=人気

と見てもいいでしょう。

 

 

そして

この放映権料はチームに分配されます。

順位や視聴率等で分配する金額を決めたりします。

また、国内放映権料、国外放映権料で分配方法が違ったりもします。

 

 

 

プレミアリーグの分配金はとんでもない額で

最下位のチームですらクリロナを買える金額をもらっているとか、、、

とんでもないですね、、、

 

この分配金が大きな収入源となり

そして、全チームのレベルが高くなり

拮抗した迫力のある試合ができるわけです。

 

確かにプレミアが一番ジャイアントキリングが多い気がします。

レスター優勝も頷けます。

 

 

 

 

 

Jリーグも人気が上がれば

放映権料も高騰して

より高いレベルの試合が見れそうです、、、

 

 

 

 

そうなることを願ってます!!!!!!!!